魚津市のエクステリア・外構リフォームなら新田建商

電話番号 お問合わせ

Homeカーポートカーポート テリオスポートとジーポートの違い

カーポート テリオスポートとジーポートの違い 2016.06.22

2015YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストファミリー賞受賞。
富山県魚津市で窓まわりのリフォーム専門。
有限会社新田建商の新田健太郎です

カーポートはぱっと見、ほとんどみんな一緒に見えます。
でもメーカーによっていろいろと違いがあります。

今日はYKKAPのジーポートと
LIXILのテリオスポートの違いについて書いてみます。

富山では、地元ということもありジーポートが圧倒的なシェアを握っています。
ジーポートは何よりもコストパフォーマンスに優れています。

積雪荷重はクリアしながら、必要以上の形材の口径、厚みはもたず、軽量。
基礎寸法も最低限の安全率を見た最少寸法として計算してあります。
要は性能を満たすための必要最低限のスペックとなっているわけです。

形材が軽量で基礎が小さいということは結果的に工事費用に直結します。

次にLIXILのテリオスポート。
魚津市ではあまりみかけることも少ないですが、これがまたすごいカーポートなんです。よく言えば頑丈。逆に言えばオーバースペック。

テリオスの最大の特徴は柱、梁のゴツさ。
下の写真はテリオスポートのカタログを切り抜いた写真です。
最も大きな梁の大きさ、幅200mm。
テリオスポートのカタログを切り抜いた写真

そしてジーポートのカタログより抜粋。
最も大きな梁の大きさ、幅129mm。
ジーポートのカタログより抜粋。

同じ性能値でも使用される部材がこれほどまでに違います。
指定基礎寸法もテリオスポートの方が大きいものです。

実験はしていないので、これはあくまでも私の推測ですが、積雪荷重をかけ続けた場合、どちらもカタログ値は大きくクリアするでしょうが、先に倒壊するのはジーポートではないでしょうか。

事実、耐風圧性能のカタログ値はテリオスポートが上を行きます。
とはいっても日常でこの違いを実感することはそうそうないと思いますが・・・。

万が一に備え、カタログ値にこだわらず少しでも頑丈なカーポートを建てたいと思われるのであればテリオスポートがいいと思いますが、そうでない場合(こちらの場合が大多数と思われますが)、コストパフォーマンスが優れているジーポートが良いと思われます。

今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!

最近のエクステリアブログ

エクステリアブログ全記事リスト
お問合わせ

施工対応エリア

富山県魚津市近辺

営業日カレンダー

2017年6月

Loading...
  1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30  

営業時間 8:00-18:00

休業日